メル友という時間が重要 ~メールの魔法~

出会い系サイトなどのネットでの出会いで、最初にコンタクトを取る方法と言えばメールである。つまりメル友という関係から二人の出会いは始まっていくのである。しかし、メールとあなどるなかれ。このメールという行為が非常に重要なのだ。会ったこともないのにメールだけで恋に落ちるということも少なくない。それほどメールの力というものはすごいものなのだ。

メールは基本的に文字での会話となる。絵文字やデコメ、写メなどもメールで送信可能だが、やはり文字という表現方法は目に見えてカタチに残るものであり、時に魔法のような力を発揮するのである。そのようなメル友という関係の時間があるからこそ二人の距離が縮まっていくのはよくあることだ。

また、メールは電話よりも相手の都合を考慮しなくても良いというメリットがあり、返信する時も時間がある時にいつでも返信出来るのである。ただ、これがメールの魔法とも呼べるべき点なのだ。どういうことかというと基本的にメールでは相手が今どこで何をしているのかはまったく見えてこない。これが想像力を掻き立てるのである。想像するということは頭の中で相手の事を考えるわけで、自分の中に相手の存在を置いているということである。メールをしながら返信を待っている時間なんかは、自分の中に相手の存在を無意識に大きくしてしまっているのである。特に返信が急に途切れようものなら、少し心配になる。何をしているのだろう?何かマズいメールを送ってしまっただろうか?などと。ここの状態ではすでにメールの魔法にかかっていると言っていいだろう。このような心理を利用すれば多少のテクニックとなる。

また、メールだと毎日少しづつでも空いた時間に出来る。そしてそのメールのやり取りが当たり前になってきたころには、一日メールが来なくなっただけで、不安にかられてしまうのである。まるで付き合っているかのような錯覚を覚えることすらある。心配したり、嫉妬してみたり。これは明らかに相手に好意を抱いている証拠だ。

恋愛だろうがそうでなかろうが、相手の興味を引くという状態に持ち込めばその先の展開が大いに見込めるだろう。焦らずメル友と言う時間を楽しむことを想像して出会い系サイトを利用してみてはいかがだろうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ