メールのやり取り

メールのやり取りで頻繁に返事を返す人、2日に1回くらいで返す人、必ず夜に返事が帰ってくる人など、メールの仕方は人それぞれである。

それと同様にメールの文章や文体についても、年齢、性別、使用頻度によって様々であるから、一概に正しい、悪い、の決まりはない。

ただメールの文体によってその人自身の性格がよく現れるので、そこに注意をすればコミュニケーションもよりスムーズにできるだろう。

たとえば絵文字をよく使う人には、絵文字のない文章だと素っ気無く思われるだろうし、ギャル語を使ってくる人に対して固い敬語を使うと、よそよそしく感じるかもしれない。

相手の文体にあわせてこちらも無理のない程度で合わせると、より親しくなれるだろう。

ただし、初対面の人とのメールは敬語を使って話すのが一般的マナー。

普通の会話でもそうだとは思うが、話していて相手の人となりが分かってからタメ口を使おう。

使用する文体と同じくらい、文章の長さにもその人の性格が映し出される。

たった一言で終わるような人もいれば、字数制限ギリギリまで長い文章を送ってくる人もいる。

ちなみにセフレとセックスなら出会い系サイトでも文章が長すぎると、読むほうも疲れてしまい、メールの内容もうまく理解できないものになる。

かといって一言、二言の短すぎるメールだと、このやり取りが鬱陶しいのかも、という風に相手に取られてしまうかもしれない。

この文章量自体もどれくらいが正解か、という明確な答えはないが、せめて読むほうに負担のかからず、読んでて楽しめるくらいの容量でメール作成してみよう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ