メールの返信を利用する

立て続けのメールのやり取りでわざと返信を送らせる

メールで会話しているとすぐに返信をしたくなるもの。しかし、その気持ちをグッとこらえて返信をわざと少し遅らせてみよう。

そうすることにより、返信を待つ相手に自分の事を考える時間を増やせるのである。

つまり、なんで返信が返ってこないのだろう?忙しいのかな?などと思わせるのである。

メールを待っている間はあなたのことをいろいろ想像してしまうのである。

そしてそれが段々と存在を大きくしていく要素となるのである。

相手の波長に合わせたメールを返す

メールは文字だけとはいえ、口調や言い回し方などには人それぞれの個性が見える。

メールである程度のテンションも伺うことが出来る。そこで相手のテンションや文面に合わせたメールを送るようにしよう。

ノリやテンションを合わせて、なるべく同じぐらいの長さのメールを返信するのだ。

そうすることにより、メールをしているのが心地良いと感じるのだ。

つまり波長が合うと認識される。これはその後の展開に大きく影響するものである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ