モテないメールはこれだ!

出会い系サイトの出会いの始まりといえばそのほとんどはメールからである。文字というコミュニケーション方法は言葉とはまた違った良さがある。そしてそれを最大限に活かさない手はないだろう。しかし、メールテクニックというのはあってないようなもので相手や状況によっても様々でメールテクニックを紹介しているサイトでもなかなか実際に使えないというテクニックが非常に多い。

しかし、こんなメールは送ってはいけないというのはある。それさえ押さえておけばまず失敗というのはないだろう。小手先のテクニックばかり考えるより、送ってはいけないメールを頭に入れておく方がよっぽど賢いかもしれない。それはいつでも冷静でいれるということにも繋がり、非常に安定感のあるメールのやりとりが可能となるだろう。

では、具体的に送ってはいけないメールとはどういったものか?

まず、いきなり慣れ慣れしいメールはやめておいた方がよい。かといって「はじめまして。僕は・・・」などという堅苦しいメールも印象に残りにくい。特にファーストメールは敬語で少し明るい文面にしよう。

次に、一番多いのが、自分の事を長々と書き続けた長文メール。自分をアピールしたいのはわかるが、それが相手にとって魅力を感じるとも限らない。むしろ、長文すぎると嫌われる傾向にあり、さらには「だから何?」という一言で片づけられかねない。アピールはほどほどに。

そしてこれも非常に多い説教メール。相手に対してそれは間違っているだの説教のようなメールは絶対にやってはいけない。相手はそんな事を求めていないし、「私の事を怒ってくれる素敵な人」なんて思う人はまずいません。昨日今日知り合ったメールだけの関係の相手にわざわざそんなことを言われる筋合いはないと感じる人がほとんどだろう。

そして最後にマイナス思考のネガティブメール。女性は男がグチグチ文句を言ったりウジウジしてるような姿を見たくないし、そんな男性には魅力を一つも感じない。いい加減過ぎる文面もよくないが、しっかりと自分を持ってポジティブな会話を心掛けよう。

携帯電話
これらはテクニックではないが、女性とメールする際に気を付けておく必要がある。ただ、これをテクニックと呼ぶならそうかもしれないが、これらを頭に置いておくだけで、メールの返信率は飛躍的にアップするのではないだろうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ