女が感情的になりやすい理由

出会い系サイトを使って出会った場合でもそうでない場合も、とにかく交際中の女性に泣かれると男は困ってしまいます。たとえば会社で仕事中に女性に泣かれたら、男性はどうしていいかわからなくなるでしょう。仕事上のことなのに泣かれても困る。言葉で説明できるならしてほしい。
女性は口で言えばわかることでも涙で表現します。そこが男性にはわかりません。仕事に個人的感情を持ち込まないでほしい、それが男性の本音です。
もちろん女性でも仕事と割り切れる人もいれば、男性でも感情的になりやすい人もいます。でも泣くのは女性だけだと思います。男は泣きません。
性別の問題ではなく、仕事のことでそこまで感情的に泣いたりすることはないと思っているからです。だめなら仕方ないと男性は考えます。もしくは相手にもいろいろ理由があるのだろうと考えます。
もちろん断られたことに怒りを感じることはありますが、あまりぐちぐち言っていても仕方がない。とにかく次の候補先を探そうとします。
仕事に限らず、いろんな局面で女性は泣きやすい。スポーツ選手でも芸能人でも、女性のほうが些細なことで泣きやすいのはご存じのとおりです。なんの前触れもなく、説明もなく泣きます。だから男性は動揺してしまいます。言葉でいわれれば答えやすいのですが突然泣かれるとどうしていいかわかりません。女の涙は出会い系サイト利用中にも時には強力な武器となります。
では女性はなぜ泣くのでしょうか?そんなのに理由や理屈などありません。とにかく涙が出てしまうとしか言えない。それが女性の本音でしょう。昔アタックNO1の「だけど涙が出ちゃう」のくだりはそれをズバリ言っていましたね。
ちなみに男性の涙は女性のとは少々異なります。言葉で説明しきれない感動や悔しさのときに男は泣きます。女性と似ているようですが男性はぎりぎりまで泣きません。女性は男性より早い段階で泣く。そこが男女の違いだと思います。
男性はぎりぎりまで泣かないのは、男はむやみに泣くものではないと小さいころから言い聞かされているからかもしれません。そして実際なるべく泣かないように我慢しています。
しかし男性でも年齢を重ねると涙もろくなります。それはもともと男性に本能的にありなるべく泣かないようにしようとする脳の能力が、加齢とともに衰えるからだと言われています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ