女は自分基準で物事を見る

男性が他人を理解するときは社会的な基準で見るのに対して、女性は「わたし個人の基準」で見ようとします。どういうことでしょうか?
男性は必ず社会的な立場で自分と相手を比較します。
特に目下の人間でしたら、
「あの人のご機嫌を損ねると今後の仕事がやりにくくなる」
「この人の自尊心を傷つけないようにしないといけない」
「あの人のご厚意は決してムダにしてはいけない」
会社での上司と部下といったような上下関係だけでなく、お互いに平社員同士でも先輩後輩の関係をとても重要視します。
そしてまた、お店の店員と客といった立場の違いも気になります。そしてその中で自分の立場をわきまえる。
しかしこれもいきすぎると相手との関係を気にしすぎて自分をなくす、つまり卑屈になる男性もいます。そこまでいくと明らかに損です。社会的な存在としての自分しかいないのは、ある意味とても不自然です。
しかし、人との関係を社会的な物差しで測るのは、男にとって当たり前のことです。男性の考え方や行動にそのことが深く影響しているのは間違いありません。
一方、女性たちの他人との関係の持ち方には、社会的な意味があまり影響していません。もちろん表面的にはそういう社会的なものも尊重しますが、内心では対して重視していないのです。
たとえば親しそうに話している二人の女性を見たら、たいていの男性はその二人が友達なのでと思うでしょう。ところが後で一方の女性にそのことを聞くと、「別に友達じゃないよ」と言われて男性はびっくりしたりします。
ではどうしてあんなに友達のように話せるのでしょう?女性の他人との関係の持ち方は、男性の想像をはるかに超えていることがとても多いのです。
また、会社で女性同士が話すのきいても面白いです。明らかに後輩で年下のほうが先輩に対して「これお願いできる?」などと、タメ口で話していたりします。春高女子バレーなどを見ていても、女子部員同士に男性社会なら当たり前の上下関係がないように見えます。スイーツパラダイスの客層は女子高生が多いのですが、女子高生は上下関係を嫌うらしく、店員は堅苦しくないフレンドリーな接客をしているらしいです。
男性の感覚からすればとても信じられません。だから驚いてしまうのです。こういうのは女性の強さの要因かもしれません。要するに男性は社会的なのに対して女性は個人的なのです。つまり社会的な慣習よりわたし自信を優先するということです。
男性はそんな女性たちの感覚を不思議に感じるでしょう。
もっとわかりやすく言うと、男性は自分と相手が話しているときに、俯瞰で見ているもう一人の自分がいるのです。そしてこの2人がどういう関係か判断してから相手に接します。それが社会的ということです。逆に女性は誰かに接しているとき、私と相手しかみません。それが個人的ということです。どちらも他人を理解したいと思っていますが、そのプロセスについての考え方が根本的に違う。目指すゴールは同じだがたどる道のりが異なる。そういえるのではないでしょうか。出会い系ユーザーの皆さんはぜひ参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ