好みのタイプの相手

出会い系サイトの目標は大体は女性と知り合うことです。
でも、やり損なうと痛い目に遭うことも知っておきましょう。
今回は、こんな途方もないしくじりをしたある男の人の経験談をご紹介しましょう。
結果から申しましょう。
どういったしくじりをしたのかというと、メールを送信する宛先を取り違えたというしくじりです。
どういったことなのでしょうか。
その男の人は一度に二名の女の人にメールを送信していたみたいです。
a子さんに宛にする予定のメールをb子さんに送信しb子さんに送信する予定のメールをa子さんに送信してしまったと言うのです。
「花も折らず実も取らず」ということわざをしっていますが本当にこの通りです。
どんなにこれまでのメールが素晴らしいイメージを作っていたとしても、異なった女の人の氏名でメールが届いたら、心も萎えてしまうのは当たり前のことでしょう。
こうしたしくじり談からどんなことを知りましたか。
その通り、複写や決まり文句を利用するには細やかな用心がいるということです。
宛先を違えてしまっては、ようやく順調に進んでいた間柄が失われてしまします。
出会い系サイトの目標は自身のタイプに合う誰かと知り合うことであり、沢山の尽力をそそいでこのタイプの誰かを探したとしても、こんな簡単なしくじりで間柄が無くなってしまったら、これまでの苦労は無に等しくなります。
ぜひとも、こんなしくじりはないようにしましょう。
当然、仮に実際に関心を持った人が見つかったら、その方にのみ集中してメールを送信するのが最も安全でお薦めなのでしょう。
それに、多くの人に向けて送信するにしても、やっぱり、複写や決まり文句で送信するより送信先の人を思って各々に似合いのメールを送信するのが心が通うでしょう。
真面目に素晴らしい方と知り合いたいと考えているのならメールの中身も真面目に検討しましょう。
この真面目な取り組みは先方にも通じ、必ず素晴らしい巡り会いがやって来ます。
ぜひとも、送信メールの見出しから真面目に検討しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ