恋愛★出会いのアドバイス…恋愛に効くギャップ

ギャップとは、もともと隙間や差異などを現す言葉ですが、このギャップを利用し、出会いや恋愛で異性に好印象を抱かせることができます。
出会いや恋愛においてのギャップとは、見た目と行動(言動)の差異のことを差します。
これを意図的に演出することによって、「普段と違って、こんな意外な一面もあるんだ~。」
という印象を与え、出会いや恋愛で異性の気を引くための技術として使うことができたりします。

出会いや恋愛のギャップの演出方法には様々な種類があります。
「持ち物でギャップ」
といっても、GAPの小物を持つってことではありません。(笑)
自分の印象と持ち物の印象とのギャップを演出します。
もし、自分の外見や普段の行いがざっくばらんとした大雑把なもので、男らしい印象であれば、それとは正反対の物をさりげなく使うことでギャップを演出します。
たとえば、キャラクター物の文房具や、車内にぬいぐるみを置いてみる…なんてことが考えられます。
普段ハンカチやティッシュなど絶対持ち歩かないという人はそれを持ち歩くだけでもギャップになります。

「行動でギャップ」
普段行わないことや、やりそうにないことを行うことによりギャップを演出します。
行動によるギャップには様々なパターンがあります。
優しさをアピールするには、突然飲み物を奢る、仕事を手伝う、気落ちしている人を慰める…などの演出が考えられます。

恋愛★出会いのアドバイス…恋愛に効くギャップ②へ、つづく。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ