男が困る女の質問

仕事を理由にデートをキャンセルした彼女に、「私と仕事とどちらが大事なの」と聞かれても、男性は困ってしまいます。「両方大事」としか言えないのです。
仕事は男の基本。生活に関わります。家族がいればなおさらです。おろそかにできません。
対して彼女、こちらも大事です。決して仕事より優先順位が低いということではありません。彼女はゆくゆく家族になるかもしれないのですし。
どだい比べるほうがおかしいかもしれません。ただ仕事はおろそかにすると自分だけでなく会社や取引先にも迷惑をかけてしまいます。また仕事をおろそかにする男なんてろくなもんではありません。いい仕事をしたいと考える男性はいたってまっとうです。
そしていい仕事をするためには彼女とのデートをキャンセルせざるを得ないこともあります。なぜかというと仕事は思うように進まないこと、イレギュラーな出来事が多いからです。全部が予定通りに、トラブルなく進む仕事なんて珍しいでしょう。
ですので、出会い系サイトでの待ち合わせでもそうですし、男性にも言えることですが、仕事を理由にデートをキャンセルされても、不満を言い過ぎないようにしましょう。キャンセルの代わりに次回の日時をとりつけられればそれで十分です。
また、男のつきあいに参加したい男性に「私といてはだめなの?」と聞いても、男性は困ってしまいます。これは男女共通だと思いますが、異性といるときは結構気を使います。女性もそうでしょう。女性ばっかりでおしゃべりしているときと、女性ばっかりの中に男性が一人でもいる状況でおしゃべりしているときは様子が全く違う。何でも気兼ねなく話せる同性同士の付き合いは、そこにしかないリラックス感があります。そうした付き合いを認め合える男女関係なら、理想的なカップルとして長続きするのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ