男は女の話をよく忘れる

女性がよく言うのは、男性は私が話したことをよく忘れる、と言います。男性からすれば言われて初めてああそうかもしれないと思うかもしれません。逆に男性からすると、女性は人の話をよく記憶しているようにも思います。
男性は女性と話すとき、話を聞いていないわけではありませんし、女性の話をつまらないと思っているわけでもありません。そして、これといって記憶力がないわけでもありません。でも、確かにあまり覚えていないのは確かです。
男性は話の途中で別のことを考えていたりします。社会人なら仕事や取引先のことを考えていたり、学生なら男友達のことだったり。女性と一緒にいるときでも心配なことがあるとそっちのことを考えていて会話は上の空だったりします。
これは男性特有の傾向で、頭の切り替えが男性は全般的に苦手なのです。逆に女性はとっても切り替えが早い。仕事とプライベートにしても、恋愛にしても、割り切りが早いといいますか、そこは驚くほどあっさりしている。男性はなかなかそうはいきません。仕事から帰っても休日でも仕事のことが頭からはなれません。仕事とプライベートの切り替えが実に苦手です。
仕事に限らず、恋愛でも男性のほうが未練がましく、女性のほうが冷徹なほど切り替えが早かったりしますね。ですので女性と話していて何らかの回答をしたくせに次の週会ったらその内容を忘れていたりします。まあ出会い系サイトを使っている限りはメールが残るので忘れることはありませんが。
つまり男性はそのへんが結構不器用です。どうしても外に出て仕事で戦っているからではないでしょうか。いつも仕事のことで迷いが生じています。そしてそれが仕事が終わって家にかえったり休日になっても引きずってしまう。あと、同時に2つの物事を処理する能力も女性にくらべてやや苦手です。決して頭が悪いのではなく、苦手だということです。
そのような男性の特性については、女性の皆さんには理解してほしいとしか言えません。極端な話、男性の発言を裏付けたいなら女性がわが日記でもつけて記録しておくほかないかもしれません。ただ出会い系サイト利用中にはメールという記録が残りますのでそこまで考える必要はありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ