男好きのする女とは

男目線から見た、興味をそそる女性を、よく「男好きのする女」といわれます。これは女性が思う男にすかれる女性像とはやや違うようです。つまりセクシーで色っぽい、もしくは可愛らしくて守りたくなる、いろいろな表現があるでしょう。言葉では表現しづらいかもしれません。とにかく男の官能に響く女性のことです。
ひょっとしたら女性が意識してできるものではないかもしれません。それより女性が無意識のうちにフェロモンをまき散らしていることも多い。そういうののほうがたまらなく男性の興味をそそることになります。
また女っぽさ、やわらかく優しく母性的なところもそうでしょう。男性は女性にかっこ良さとか潔さ、強さなどというものを求めていません。また女性が男性を意識してダイエットすることはあるでしょうが、あまりやせている女性もあまり男性目線からすれば魅力的ではありません。(細身の女性が好きな男性もいるので一概にはいえませんが)
どこか隙がある女性も魅力的です。隙があるからこそ放っておけない、誘いたくなる。わざと隙を作っているわけではなく、だれでも交際してみたい気持ちがある。男に甘える行為も、言い換えれば男性を頼っている、その感じが男性を燃え上がらせます。そのようなことが意識せず自然にできる女性というのはまさに男好きのする女性です。
逆に男好きのしない女性もいます。表情がツンケンしていて冷たい。話かけてもタイプでない男性となるととたんに冷たい反応。見た目にいくら美人であったりセクシーであっても、それだけで男性は冷めてしまいます。とっつきにくい小生意気な女を求める男性は皆無でしょう。男性は女性を見た目で判断しているように思われるかもしれませんが、無意識のうちに女性の内面もしっかり見ているのです。
服装はどうでしょうか?男性の好みにもよりますが、女性の服装というのは正直あまり見ていない男性のほうが多いのではないでしょうか。極端におかしくさえなければあまり服装で女性を判断しません。特別おしゃれな服を着ていなくても魅力的な女性は魅力的です。ただし髪型は見ています。男好きのする髪型というのもあります。町を歩く男性は前を歩く女性を髪型だけで美人かどうか想像したりするのです。
行動では、一歩下がって男性をたてるタイプではないでしょうか。あまり前へ前へ出たがる女性は魅力的ではありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ