程よく自己主張

ついつい好きな人の我儘には応じてしまうという人は多いかもしれません。

好きな人に嫌われたくないからという理由から好きな人の言いなりになってしまっているような人もいることでしょう。

ただ、それでは本当に良い恋愛をすることはできているとは言えないかもしれませんね。

例え相手に嫌われたくはないという想いがあったとしても相手の言いなりになってしまっているようでは貴方という存在はどこにいってしまっているのでしょうか?

言いなりになっているようでは、別に貴方ではなくても相手の人は言いなりになってくれる人であれば誰でも良いと思っているのかもしれません。

本当に結婚したいほど好きな人の前だからこそ多少の自己主張をするということも必要になっていきますよ。

自己主張をするといってもなんでもかんでも主張してしまって互いに喧嘩腰になってしまうようではそれも良い恋愛を進めていくことはできません。

程よく自己主張をしていくのが良いのですが、それも難しいことかもしれませんね。

でも、自己主張をすることを忘れてしまって相手の言いなりにしか動くことができないようでは恋愛対象として見られているのではなく、部下や小間使いとして見られているようになってしまいます。

とても恋愛を意識してやり取りしていくことはできませんよね。

言いなりになるということは自分を抑え、我慢していくことです。

最初のうちはすんなりと我慢を受け入れることもできるかもしれませんが、それも限界が必ずやってくることでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ