結婚の話になると避けられる・・

現在恋愛している方の中にそろそろ結婚をと考える人もいるかもしれません。
結婚については一般に男性は抽象的に、女性は現実的に考えます。結婚前には女性が男性側の抽象的なイメージに話を合わせて進めるほうが上手くいくと考えられています。

恋愛結婚の相談で、現在の彼氏と結婚したいと思っているのに中々そんな話は出ないし話をだしても聞いてくれないなんてことを聞きます。そのようなとき、彼氏に対して結婚後の具体的な話、結婚式の費用はいくらで、生活費はいくらで、どこに住むかなんて現実的な話をだしていませんか?こういった話をすると抽象的なイメージを持つ男性は引いてしまうことがあるのです。

男性が結婚に対して持っている考えは、女性とは違い単なるイメージです。
女性は現実的に考えるのに、正反対ですね。

このように抽象的なイメージを持つ男性に、現実的な恋愛や結婚の相談や問題をぶつけたらどうなるでしょう。自分との考えの間にギャップを持ってしまいます。このギャップこそが男性から結婚にたいして積極的になれない部分だと思います。
結婚するのは現実的な問題を解決しなければ結婚してもうまくいかないと思いますが、あえて触れないようにしたほうが得策といえるでしょう。

結婚について話すなら、生活や金銭的な内容は必ずや話題にしなくてはなりません。
しかし、何より結婚が決まらないとそれも意味がありませんので、最初のうちは男性に合わせて抽象的イメージから入っていっても良いのではないでしょうか。
注意したいのは、男性は考えていないのではなくて表に出さないということをわかってあげましょう。ちゃんと男性も現実的な部分は考えているのですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ